ボーカル☆レーダー

あの歌手は歌が上手いの? プロ歌手の歌唱力が分かるサイト

歌唱力 of 西田昌史(EARTHSHAKER他)

 

歌唱力

技術:★★★★★★★

f:id:sanryuvocalist:20181120181149p:plain


個性:★★★★☆

f:id:sanryuvocalist:20181120181350p:plain

 

↓判定基準についてはこちらをご参照ください。
www.3ryuvocalist.online

 

 

音楽的バックグラウンド

中学生の時にAerosmithを聴いて衝撃を受けひたすらのめり込んだ。

特にボーカルのスティーブン・タイラーの歌い方から強く影響を受けており、マンティス時代やEARTHSHAKER初期にはライブパフォーマンスに色濃く表れていた。

邦楽では沢田研二の影響が大きく、マーシーの歌謡曲的歌唱の源とも言える。

 

歌唱スタイル

EARTHSHAKERの2代目ボーカリスト 西田昌史ことMARCY(マーシー)の歌唱力はとても高く、声量がありピッチやリズム感が良いのはもちろんの事、深めのビブラートによる伸びやかなハイトーンが絶品だ。

ミドルボイス音域での歌唱を得意とし、高音にいっても地声感が乱れる事無く最終的には自然にシャウトに抜けていく。これはマーシーの発声レベルが高いことを示している。今で言うベルティングもガンガンに使っています。

現在のJ-POPのロック歌唱のスタンダードを築いた人物と言っても良く。マーシーの歌唱スタイルの影響を受けたJ-POPの歌手は数知れない。

声質は基本的にはハスキーでザラついている声だが、甘くて温かみもあり、また時には切ない艶のある歌声をしている。特にバラードを歌わせたら秀逸である。

 

委員会コメント

マーシーの歌唱スタイルはジャパメタの中でも日本語とメタルの融合という意味では最高峰と言えるだろう。

VOW WOWでは洋楽寄り過ぎ、LOUDNESSは中間だがやや洋楽寄り、そしてEARTHSHAKERはもっとも歌謡曲寄りで大変キャッチーである。そのため、それまでハードロックを聴かなかった人達でも大変聴きやすく、EARTHSHAKERからHR/HMに目覚めたという人も少ないはずだ。

 

上述のバンドのボーカリストで歌謡曲的な歌唱を唯一メタルに落とし込めていたのがこのマーシーだけだ。そしてEARTHSHAKERのサウンドがそもそもボーカルを引き立たせることに重きを置いたバンドだったことも大きい。まぁ、ジャパメタと言ってもバンドの方向性がそれぞれ違うためどれが良いというわけではないという事は分かっていただきたい。

 

現在はさすがに以前のように艶のあるハイトーンや高いレベルでのシャウトは出せなくなってはいるが、熟年の味でまだまだ現役で勝負し続けている。

マーシーは日本を代表する実力を持ったボーカリストだ。

 

関連情報

↓EARTHSHAKER初代ボーカリストは あのLOUDNESSのボーカルの二井原実です。 www.3ryuvocalist.online

 

 

歌手一覧へ