ボーカル☆レーダー

あの歌手は歌が上手いの? プロ歌手の歌唱力が分かるサイト

歌唱力 of 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)

 

歌唱力

技術:★★★☆☆☆☆

f:id:sanryuvocalist:20181120231045p:plain


個性:★★★

f:id:sanryuvocalist:20181120231220p:plain

 

↓判定基準の詳細についてはこちらをご参照ください。
www.3ryuvocalist.online

 

 

音楽的バックグラウンド

V系をちょっぴりコケにしたスタイルで大ブレイクしたエアーバンドのゴールデンボンバー。

しかし、実はバンドのリーダーの鬼龍院翔は根っからのV系好きで心の底からリスペクトしているのだ。

 

幼少の頃から音楽には特別に興味はなく、ふつうにテレビで流れるJ-POPを軽く聴く程度であった。目指していたのはミュージシャンではなくお笑い芸人だった。

しかし、中学生の時にテレビでMALICE MIZERの『月下の夜想曲』を観て、そのクラシカルな楽曲に衝撃を受け音楽に目覚める。カラオケではMALICE MIZERの曲を歌いまくった。とにかくGacktのようになりたかった。

鬼龍院にとってGacktはいまだに神的存在である。

 

幸か不幸か鬼龍院の通った中学校では給食の時間にDIR EN GREYの曲がかけられるようなファンキーな学校であったそうだ。もちろんDIR EN GREYも好きだし、他にはLa’cryma ChristiやL'Arc〜en〜Ciel 、GLAYなども良く聴いた。またこの頃からギターも始めた。

 

高校生になると軽音楽部に入りさっそくバンドを組んだ。しかしこの頃にはV系人気に翳りが出ており軽音部にはV系志向の部員がいなく、しかたなくジュディマリのコピーバンドをやっていた。パートはギターだったが、この頃にはバイオリンにも興味を持ちバイトを頑張り購入し練習に励んだそうだ。しかもレンタルビデオ店でのバイト中に。(笑)

 

高校では3年間バンド活動をしたが、やはり夢は『お笑い芸人』であり卒業後にはお笑いの養成校であるNSCに入学した。しかし、同期のお笑いレベルの高さに『自分には無理』と悟り、もうひとつの好きな事であった音楽を再開する。これが伝説の始まりである。

 

歌唱スタイル

歌唱スタイルはクォリティは下がるがモロにGACKTのパクリである。

しかし、鬼龍院は身長が低く声帯が短いため高音向きだり、魅力的なハイトーンを出す事ができる。そして、この歌声こそがゴールデンボンバーの肝でもある。

しかしライブではそのハイトーンは不発率が高い。というかほとんど出ないのが実情だ。

 

委員会コメント

ゴールデンボンバーのエアー(無演奏)というのは本当に画期的ですよね。潔すぎます。コロンブスの卵並の発想ですよね。

しかし、鬼龍院は”演奏しない”事を売りにするつもりはさらさらなく。常にライブでのパフォーマンスを高める事を考え、お客さんを楽しませる点に注力していたそうだ。

 

彼らはブレイクする前からエアーでライブを月に9本とかやってたらしいですね。当時は一体どんな客層だったのでしょうか。

初めは普通に他のヴィジュアル系バンドと出演していたらしいのですが、いや絶対に対バンは遠慮したいですね。ゴールデンボンバーは良いバンドだとは思いますが対バンにとっては絶対に迷惑ですよ。だって喰われちゃうもの。いや勝てる訳が無い。(^^;

 

 

 

歌手一覧へ