三流ボーカリストいろいろ頑張る!

なにかと三流な主がさしあたり二流を目指し切磋琢磨するブログです。

ボーカリストのためのギター修行 名曲ぞろいで目移りしちゃいますね(^^;

はいー、ども、ラバーマスクどす。

 

誰しも食わず嫌いのアーティストや音楽ジャンルがあると思います。

ラバーにも沢山あります。そもそもラバーは気に入った曲単位で音楽を聴くタイプなので、好きなアーティストでも全曲聴くという事が滅多にないんですけどね。

 

で、昔に聴かなかったアーティストを今改めて聴いてみると結構良いものがあったりします。

そのひとつがBuck-Tickです。

 

いわゆるV系のハシリを代表するバンドの一つですよね。

避けてた理由ですが、どうもファンの人達が黒系の服を着ているバンドに抵抗があるためです。他にもそういうバンドありますよね。(^^;

あと、学生時代に友人がBuck-Tickのコピーバンドをやっていたのですが、それが物凄くダサかったってのが一番の理由かも。(笑)

 

で、まー、とにかくBuck-Tickがなかなか良いなーと思い、最近結構聴いてるんですよ。ま、メジャーな曲しか聴かないんですけどね。

CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd (Blu-ray)

新品価格
¥9,889から
(2018/6/20 22:48時点)

"Just one more kiss"や"悪の華"も良いですが、以下の曲が一番お気に入りですね。

 

Jupiter

www.youtube.com

 

ネットで調べるとBuck-Tickにしては(良い曲だけど)綺麗過ぎるという声もあるようですが、この曲に関しては今井ではなく、もう一人のギターの星野が作曲しているためのようですね。

にわかのラバーにはバンドカラーにマッチしていると思うんですけどね。

12弦ギター含め全体的な荘厳な雰囲気がほんとたまりません。

さっそく弾き語りの練習曲に加えました!(^^)

 

コードを調べてみましたがかなりシンプルで演奏しやすそうです。

でも、超ド級の初心者のラバーにはストロークがまだ難しく、しかもそれが延々と最後まで続くのでちょっと辛そう。(^^;

始めはコード譜サイトで調べローコードで弾いていましたが、YouTubeの弾き語りをアップしている方やBuck-Tickご本人を見てもフレット位置が全然違かったので更に調べてみたら以下のコード譜サイトが見つかりました。これが一番正確だと思います。

 

ja.chordwiki.org

 

うーん、本物に近い音だ!!かっちょいい。

 でも、あまり曲を増やすと練習が雑になりそうだからもう増やすのはもうやめよう。

練習曲は以下3曲でしばらくやっていきます!

 

①吉田拓郎『洛陽』

②村下孝蔵『陽だまり』

③Buck-Tick『Jupiter』

 

ではでは。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村